蜂の巣を見つけたら自分で退治しようとせずに専門業者に依頼しよう

婦人

糞などの被害を受けたら

鳩

鳩駆除の注意点は感染症に注意することです。もし、そのような感染症が心配ならばプロへ依頼をしましょう。プロへ依頼することで感染症の心配も少なくなりますし、より効果的な駆除と対策をしてもらうことが出来ます。

詳細

ねずみの被害にあったら

ねずみ

ねずみが家に侵入すると病気の心配やさまざまなものをかじられる被害に遭うことになります。さまざまなねずみ駆除グッズが販売されていますが、自力で駆除できない場合は、業者に依頼することがおすすめです。確実にねずみを駆除してもらえ、再発防止の対策もとってもらえることが人気の理由です。

詳細

住まいの安全性を守る

罠

自宅をネズミの棲家にしてしまった場合、住人の安全が脅かされることになります。ねずみ駆除業者を呼ぶようにしましょう。ねずみ駆除業者を選ぶ際は価格や選択できるサービスを調べてみましょう。中には工事を行ってくれる業者もあります。

詳細

巣を撤去する

ハチ

蜂は人を襲って刺すというイメージがありますが、ミツバチなどは針が抜けると死んでしまいますので、これは命がけの行為といえます。基本的に蜂は種の繁栄のため巣を守るために攻撃を行っています。その蜂にとって大切な巣。実は蜂の巣の構造にはいち昆虫が作っていると思えないすごい秘密があります。巣の構造の秘密と知らずに巣に近づいてしまったときの対処法についてご紹介していきましょう。種類により形は若干変わりますが、基本的に中身の構造は六角形を利用したものがほとんどです。これはハニカム構造とよばれるもので、円形をした巣に対して隙間なく部屋を敷き詰めるのに適しています。そのため面積も大きく取れて素材を無駄にすることなく最小限の労力で巣を作れるのです。

自宅や敷地内に巣を発見したらどうしたらよいのでしょうか。刺される危険性や住宅が傷むことを考えると退治したいと考えることが多いでしょう。地域によっては行政が相談に乗り、退治を行っているところがあります。しかし専門業者や退治を得意とする業者も存在するため、どちらを頼った方が的確に退治できるのかと迷われるでしょう。行政機関としては各市区町村の市役所、消防署、保健所があります。事件性があるトラブルでない限り警察が対応することはありませんので通報しないようご注意ください。役所は防護服、駆除道具の貸与、業者の紹介、業者に依頼した際の補助金交付などをしています。消防署は高い場所につくられた巣の駆除に対応、蜂に刺された人がいる場合に出動します。